リサイクル可能なOPP袋

OPP袋はナイロンでできていますが、捨てる時にきちんと区別するとリサイクルができます。溶かしてまた製品化する事で元の袋にもなりますし、他のナイロン製品あるいはプラスチック製品にもなる為、きちんと区別して捨てたいものです。間違って生ごみと一緒に捨ててしまうとせっかくのリサイクルができなくなってしまいます。

 

プラスチック製品はなくてはならないもの

昔は、プラスチックを燃やすと有毒ガスが出る事から自宅などで燃やしてはいけないと言われていました。近頃は環境問題が取り上げられる事が多いですが、プラスチック製品をなくすとどうなるかというと、生活をしていくうえで困るでしょう。私たちの周りには、それだけ多くのプラスチック製品があるという事です。OPP袋も同様にプラスチック製品のように原材料の石油を加工して製品化されています。もしも、なくなってしまうと、新たに環境に影響がない袋を開発しなくてはならなくなります。

 

環境問題にも対応した商品のOPP袋

OPP袋は、環境問題に対応できているかというと十分対応しています。テレビや新聞などで聞く環境汚染のキーワードにダイオキシンがありますが、OPP袋は塩素を使用して製品化されていない為、ダイオキシンを発生する事がありません。ダイオキシンは、発がん性物質なので人類にとってとても有毒な物質という事で気を付けるよう取り上げられています。

 

OPP袋は、燃焼しても有毒物質を出す事なくリサイクルができる為、環境に悪影響を与えずにいろいろな商品を入れる袋として利用されていると言えます。