透明で丈夫なOPP袋で商品のイメージアップ

袋といえば最初に思いつくのが物を入れるとか中身を守るという使い方でしょう。そして紙袋であれば中身を相手にみせないという特性がありますがOPP袋は透明なので相手に商品が見得てしまいます。しかし、雑誌など表紙を見せたい場合には中身を隠す必要はありません。見せて購入してもらうためです。そこで大切になってくるのが商品の保護です。

きれいに商品を保ちながら相手にみせたい場合に最もおすすめの袋こそがOPP袋なのです。商品を保護するだけでなく光沢やツヤがある特性を生かして商品のイメージをアップさせているのです。

雨でも大丈夫なOPP袋

OPP袋は、原材料がプラスチックである為、雨でも濡れる心配はいりません。ナイロンといってもスーパーのレジ付近に置いてある袋だと厚みがなく少し時間が経ってしまうと簡単に破れて水分が浸透してしまうことがあります。しかし、OPP袋はそんな事はありません。袋の厚みが結構ありますし、引っ張っても破れにくいのです。雨に濡れても中身を保護できるぐらい耐水性に優れていますので、大切な物を持ち運びたい場合には最適な袋です。

宛名などの印刷もできてしまいます

ダイレクトメールには当然宛名が入っています。紙の袋であればラベルなどが貼ってあります。それではプラスチックの材質のOPP袋はどうかというと、自宅に配達された経験がある方であればご存知と思いますが、袋にじかに印刷されていることがあります。ナイロンといえどもきちんと印刷もできるのです。色もはっきりと付けたり、うっすらと付ける事もできます。透明はもちろんですが袋自体に色を付ける事によって中身の商品のイメージを伝えることができるのです。