OPP袋はいろいろな効果や使用方法がある

ネット通信販売など何かの会員になると自宅にDMが送られてくる事がよくあります。その際、宛先を確認して興味がないと中身を見ないで捨てる事があるでしょう。しかし、OPP袋に入れられて送られてきたDMの場合は、袋をあけなくても、どんな商品かが分かります。もちろん、冊子などはきちんとあけて見ないと全部は分かりませんが、表紙は確認できます。

企業としても開封しなくても内容を確認できるOPP袋は、会員数を増やす効果があるとして、多くの企業で利用されています。

袋に色付けなど工夫をして興味を持たす事ができる

DMは、開封して見てもらう事から始まります。企業としても見ることなくゴミ箱に捨てられては、せっかく用意した広告がムダとなってしまいます。ここで紙封筒となると正直どこの企業から来たかを見ただけで興味を持たずに捨てられてしまうでしょう。

OPP袋のようなきれいで透明な袋に入れられてくると中身を見る事ができますし、光沢のツヤはもちろんデザインに興味を惹かれてついつい開けてしまう事があります。そこまでくると企業としては作戦成功というわけです。DMも透明のOPP袋ばかりでなく色付けをしたりしてデザイン性を高めることができます。

防水性が高いのでいろいろな商品を入れる事ができます

OPP袋というとDMを真っ先に想像するかもしれませんが、CDのジャケットの袋もOPP袋です。CDのように中身を見せたい場合によく使用されています。OPP袋は、防水性に優れている為、水に弱い商品を入れるにはもってこいの袋なのです。